まごころ 粉骨代行&手元供養品販売

043(307)5064

お電話受付時間 10:00~20:00

  1. ホーム
  2. 手元供養

手元供養コース用のパッケージについて

粉骨後の中身

桐箱とデザイン紙箱の違い

「桐箱」は長期保管に最適です
桐の箱は紙よりも丈夫で湿気に強く、少々の耐火性もあり、弥生時代より貴重な品々の保管用として重宝されています。10年以上の長期間の保管に向いてますので、粉骨後もしばらくは手元供養したいという方にお勧めです。防水加工は施してありません。

桐箱での手元供養イメージ 桐箱の中身 桐箱アップ画像 返送時の中身

ご返送される桐箱の中には、故人様のお名前が記載された上紙が乗せてある状態でお届けになりますので、中身がどなたのものか分かるようになっております。また、保管方法や散骨時の開封方法の説明書が入ってます。

桐箱Mサイズの在庫確保が難しくなっているため「S深サイズ」に収納させていただくこともありますのでご了承願います。こちらは気密性の高い印籠タイプになります。

S深サイズの詳細画像

桐箱 

桐箱の注意点
・水に濡らしたり、テープを貼ると跡になりますのでご注意ください。
・蓋は簡単に開きますので、持ち運びの際は紐などで留めるようお願いします。

「デザイン紙箱」はオシャレさ重視です
和風の桐箱は部屋に置いておくには雰囲気が合わないというお客さまの声から産まれたのがデザイン紙箱です。全て紙で作られているため湿気に弱いので短期間の保管向けですが、お洒落なデザインは洋風なお部屋にもたいへんマッチします。粉骨後、5年程度の手元供養をされる方向けにお勧めです。湿気を避けたお部屋であれば10年は持つよう丈夫に頑丈に作られています。防水加工は施してありません。

デザイン紙箱での手元供養イメージ デザイン紙箱を開けたところデザイン紙箱横部分のアップ写真 返送時の中身

ご返送されるデザイン紙箱の中には、故人様のお名前が記載された上紙が乗せてある状態でお届けになりますので、中身がどなたのものか分かるようになっております。また、保管方法や散骨時の開封方法の説明書が入ってます。

デザイン紙箱 全サイズ

デザイン紙箱の注意点
・水に濡らしたり、テープを貼ると跡になりますのでご注意ください。
・表面は光沢仕上げで滑りやすいので、持ち運びにはご注意ください。
・蓋は開きやすいのでご注意ください。

散骨するときは真空パックをはずしてください

収納されているご遺灰の入った水溶性の包みは、全て真空パックで包装されています。テープをはずし、広げた状態で、紙包み部分を切らないようにハサミなどでカットしますと空気が入り、取り出せるようになっています。

散骨用の袋を取り出すところ 散骨用の水溶性袋

取り出すときの注意点

  • 水に濡れた手、湿った手で水溶性袋を持つと中身が溶け出しますのでご注意ください。
  • 真空パックはポリエチレン製ですので水には溶けません。間違っても一緒に散骨しないようご注意願います。

メッセージを書いた水溶性の紙袋

→ ホームページに戻る

便利な「ご遺骨預かりキット」

この骨箱大きいしマンションには合わないわ・・・