まごころ 粉骨代行&手元供養品販売

043(307)5064

お電話受付時間 10:00~18:00

  1. ホーム
  2. 納骨

粉骨しておくと墓地の空き待ちや納骨待ちにも良い理由

お墓内のスペースが足りない時に粉骨

火葬後の遺骨は大きな骨壺に入れられています。お墓に入れるときは骨箱から骨壺だけを取り出して、それを墓石の下のカロートという場所に安置するわけですが、粉骨しておくと3分の1程度まで小さくできるのでお墓スペースの節約になります。

お墓に入ってる遺骨の粉骨はどうするの?

既にカロート内にある遺骨は雨水が骨壺の中に入っていたり、カビが生えていたりとそのまま粉骨することはできませんが、粉骨前に水洗いとカビの除去(洗骨)などを行えば、再び粉骨して縮小することができます。お墓スペースが狭くなってきた方などにはお勧めですが、地方のお墓だと骨壺から遺骨を出して、骨のままバラバラとカロート内に入れる地域もあるので、この場合の遺骨収集は素人にはかなり酷な作業になるでしょう。(まごころでは洗骨サービスは行っておりません)

これからお墓を建てるなら

もしもこれからお墓を建てて、子孫末代まで使用するのであれば、カロート内の底部をコンクリートで固めずに土にして、遺骨は粉骨してから撒くように入れると良いでしょう。そうすれば古い遺骨は土に吸収され、新しい遺骨を入れられるスペースが半永久的に確保出来ます。お墓の中に散骨するイメージです。但し、改葬はできなくなりますのでご注意ください。

納骨堂に納骨される方も省スペースに

納骨堂も基本的にはお墓と同じです。決められた大きさの中に入る数しか収納できませんが、納骨堂は通常サイズの骨壺で収納を想定して作られていますので、納骨スペースは意外に大きいです。通常ならお二方分の納骨も、粉骨すると四名分くらい入れられます。納骨堂の中には決められた数しか入れてはならない!と言うところもありますが、基本的には場所貸し業なので、複数体入っていた方が来客率が高まるので特に個数制限を設けているところは少ないです。

自宅で保管中も省スペースで済みます

納骨堂は比較的すんなり入れますが、お墓はキャンセル待ちなどが発生する確率が高まります。特に安い市営墓地などは空くまでに10年~20年などザラのようです。この期間ずっと巨大な骨壺のまま自宅で保管しているのは大変なご苦労だと思います。

粉骨して真空パックしておけばカビの発生なども防げ、なおかつスペースも最小限で済みますので、お墓待ちが長くなりそうな方はなるべく早めに粉骨保管された方が良いと思います。最悪、お墓にキャンセルが出なかった時は、粉骨してあればすぐに散骨もできます。粉骨はお墓待ちの方々にもメリットはたくさんあるのです。

骨箱のサイズは3分の1に

粉骨+手元供養コース