まごころ 粉骨代行&手元供養品販売

043(307)5064

お電話受付時間 10:00~18:00

  1. ホーム
  2. 粉骨

粉骨+散骨代行コース

散骨のプロがお客さまに代わって行ってきます!

高齢者の方から「粉骨しても自分ではなかなか散骨できない」とのご意見をいただきまして、お力になろうと始まったコースです。一般的な海洋散骨に比べて格段に安い理由はほとんど実費に近い為です。年金受給者の方でも気軽に依頼できるよう過剰なサービスなどを全て省き、可能な限り低価格に設定させていただきました。

粉骨した遺灰を散骨用の水溶性紙袋に収納し、真空パックをして時を待ちます。散骨希望者がある程度まとまりましたら、弊社のスタッフが散骨場所まで持参して散骨を代行させていただきます。

宗教感の違いもありますので、お酒を捧げたりお経を読んだりはしませんが、最後に花びらを捲き、手を合わせてお別れしてまいります。散骨が終わりましたら散骨証明書を郵送させていただきます。

散骨したいけど自分ではできない方
船酔いするのでボートに乗れない方
足腰が弱く、重い骨壺を運ぶのが大変な方

  • 5/11 第五回 東京湾散骨を実施いたしました。ご希望者の方々には「散骨証明書」を簡易書留で郵送させていただきましたのでお待ち下さい。
  • 次回東京湾は7月、沖縄は6月を予定しています。
  • 散骨コースを郵送でお申込みのお客様は「ご遺骨お預かりセット(2500円)」を無料でお届け中です。
    お預かりセット無料

粉骨+散骨代行コースの料金

骨壷サイズ 散骨場所 料金(税込)/壺
~9寸
(~2.5kg)
東京湾(海ほたる北) ¥25,000
沖縄(東シナ海) ¥35,000
ハワイ(ワイキキ沖) ¥88,000

※骨壺がない場合は骨量2.5kgまで。

上記料金に含まれる内容
異物除去、粉骨、水溶性大袋×1、真空パック、骨箱・骨壺・外装品の処分、散骨代行と散骨証明書の発行。少量分骨する場合は20g(真空パック)×3つまで無料です。

お墓に埋葬してあったご遺骨は乾燥料金が必要です

墓じまいなど、屋外のお墓に埋葬してあったご遺骨は湿気を帯びているため、粉骨前に48時間以上の乾燥が必要です。以下のプラス料金が必要になります。

骨壺サイズ(または骨重量)
・~5寸(~999g)まで +¥6,000(税込)
・6寸(1kg)以上 +¥12,000(税込)

骨壺なしで直接埋葬してあった遺骨
・1kgあたり +¥20,000(税込)

弊社では、ほとんどの遺骨が下水に流れてしまうので水洗いや超音波洗浄などの洗骨方法は採用しておりません。

少量分骨を残すこともできます

遺灰を粉骨した後、手元供養用に少量分骨(小分け)し、残りを散骨することも可能です。 小分けした遺灰は水溶性の紙袋に入れた後に真空パックを施し、粉骨証明書と一緒にゆうパックでご返送させて頂いております。小分け量は指定がない場合スプーン1杯分(約20g)ですが、量指定も可能です。

お支払い方法

【持込の方】店頭で現金にてお支払いください。
【郵送の方】粉骨後に「粉骨証明書」を代引きで郵送させていただきますので、郵便局の配達員に現金でお支払い願いください。郵送料や代引き手数料は弊社負担にて負担させていただいております。

ご利用前の注意事項(ご利用規約)

  • 海洋散骨は天候などに大きく左右されるため、散骨する日時は指定できません。冬場は海が荒れるので春~秋にかけて主に実施されます。
  • 待機期間は最長で1年間ですが、可能な限り早く散骨させて頂きます。
  • 散骨場所は状況に応じて多少前後しますので予めご了承ください。また、条例などにより規制ができた場合は別の場所になる可能性もあります。
  • すでに粉骨されているご遺骨は、ご遺骨なのか判断ができませんのでご依頼はお受けできません。
  • 散骨後のご遺骨の回収はできません。
  • お申込みはご遺骨の祭祀継承者の方による直筆の署名が必須になります。
お申込み方法はこちら

海洋散骨を実施する場所について

東京湾東京湾というと「汚い」というイメージですが、それは高度成長期のお話しで、今は水質が改善されとても透明度が高い海です。沿岸近くでは養殖なども行われておりますので、散骨ポイントは海ほたるの北北東約8km海域まで離れて行っております(Google Mapで確認する)。東京湾への散骨は都内にお住まいの方や、神奈川にお住まいの方を中心に全国から絶大な人気を誇っています。

沖縄

沖縄への散骨は多くの方の憧れのようです。「行った事はないけど、あの海の青さと透明度の高い海に是非散骨して欲しい」というご意見が多かったです。特にダイビングやサーフィンなどマリンスポーツが好きだった方からのご依頼や、沖縄出身者の方々からの依頼が多いです。散骨ポイントは現地ダイバーの協力を得て名護湾周辺(Google Mapで確認する)で実施させて頂いております。

ハワイ散骨代行

ハワイへの散骨で最も人気だった散骨場所はハワイのワイキキ沖でした。現地在住の日本人協力の下、ケワロ湾より出航し、ダイヤモンドヘッドを臨むあの場所へ散骨も可能です。遺灰の海外郵送は国際郵便法で禁止されていますので、弊社スタッフが飛行機に乗り、手荷として丁寧に運搬いたします。重量制限がありますので割高になりますが、どうしてもご自身で行けない方などにご利用いただいております。

 

只今、ハワイ散骨代行サービスは受付中断中です。

トップページに戻る

散骨証明書のイメージ

2017年5月 東京湾での散骨風景2017年3月 東京湾散骨の様子2017年2月に実施された沖縄海洋散骨の様子

2016年12月に実施された東京湾への海洋散骨の様子

2016年10月に実施された東京湾への海洋散骨の様子

2016年7月 東京湾海洋散骨の様子